ブタイノシシのファッション奇稿-跡地

移転をいたしました→ www.maeshiro-takashi.com

RRLのスリムジーンズw30(実寸82cm程度)を2015/11/29に無料放出プレゼント

移転済みですが、悲しい事にこちらの方にまだまだアクセスがあるので
号外告知をさせて頂きます。

RRL w30(82cm程度)のslimジーンズの1本限定無料放出を
11/29 AM11:00頃以下で行います。
イタズラ防止のためパスをかけておりますので、
以下のツィートをRTしてくれた先着20名程度にパスとURLをお送りします。

 

 

 

 

移転のお知らせ

約1年にわたってアメカジ業界の雑音としてブヒブヒやってきた
ブタイノシシのファッション奇稿でありますが、このたび
独自ドメインに移転させて頂く事にしました。

maeshiro-takashi.com

不細工なオッサンの前面顔出しという糞体制でやっていきます。
今までとは趣旨を変えてアフィリをやったりますが、
その分着なかったブランド古着の0円販売など、
読者に還元できる企画を考えていますなにとぞご容赦を。
第一弾の0円販売はあまり履かなかったRRLの
ストレートジーンズw32を0円販売予定です。
上記企画ショップはシステムは設置済みですが、色々
整っていないため、年末になりそうです。

今後ともお遊びに付き合って頂ければ幸いです。

センスが無い人がセンスを養う方法

私ブタイノシシは本職はデザイン畑の人間でして、今年で15年目に突入いたしました。

最近は年次に応じてマネージメントやコンサルティング的な部分をひっくるめての
デザイン業になってきたので、その分雑務の比率が増えては来たのですが。

仕事の事を話すとだいたい「デザイナーってセンスが必要で大変ですね」と言われますが、私、正直センスはございません。お世辞こみでセンスがありますねと言われる事も
ありますが、自信をもってノーセンスと言えます。
駆け出しの時には、アホボケカスでなじられながら勉強をしてきたのですが、
なんとか15年センスが必要と言われる業界で、
騙し騙しやってきた手法を書きたいと思います。

〇基準を決める
昔は絵描きをめざしていた事もあり、3次元のものを2次元に落とし込む
事ならある程度は出来ますが、これは下準備があれば
誰でも出来るようになるもんです。
以下は10年ほど前に描いたイラストになります、写真アリのものなので
レクリエーションみたいなものですが。

f:id:M46:20151029160512j:plain

絵の描き方には色々ありますが、当時の僕の手法としては、
下書きの線画にダークトーンの下地を塗ってからそこに
順々に塗り重ねて成形していくスタイルでした。
明度が10(暗)⇔1(明)のように10段階あるとすれば、
7程度で下地をぬって明と暗をそれぞれ足していくような形ですね。

この書き方を知るまでは白いキャンバスに5を塗ったり、3を塗ったり、
10を塗ったり深く考えずにランダムにおいていったので、
画面のコントロールが大変難しかったです。
イラスト、デザイン、ファッションでも、
キャンバスを自分の制御下に置くために大切なのは、
基準色、基準値を設定してそこからの足し引きを行うという事にあります。

〇比率を決める
現業のデザインを行うときにも、大体この方法論でもって
最初に基準となる大きな色をべた塗りしてからの足し算、引き算で画面を構成していくようにしていきます。

f:id:M46:20151029162832j:plain

上記も私の制作物ですが、基準色を黒に設定して、セカンドカラー、サードカラーを決めてデザインしています。
この案件では高級感を出したかったので、黒の比率を大目にとり、セカンドカラーは
黒になじむ暗めの緑、サードカラーは画面に奥行と目の休め処を与えるために明るめのベージュで最後にメリハリと躍動感を与えるために発色の良い赤みをまぶしました、
色味の比率的には6:2:1.5:0.5程度で、暗と明の比率で言えば8:2程度ですね。


〇定型を覚える
実は上の2点よりも先にやるべき大切な事があります、定型を覚える事です。
僕はギャンブルをやらないので間違っているかもしれませんが、
ポーカーやマージャンの「役」を覚えるのに近いと思います、
ある意味デザインやファッションって無数の役はあるけど、上りの無いギャンブルかもしれません。
一応ファッションのブログなので無理やりこっちの話をねじ込みましたが。

無数にある役を覚えるなんて無理だと思いますよね、もちろん無理です。
正直、数を見て感動をしたものだけを覚えておけばよいのだと思います。
国宝や文化財世界遺産、なんでもよいと思います。

f:id:M46:20151029174338j:plain



そのたびにコピペやなんかで保存をして数が揃ったら、薄目を開けて距離を開けて見比べてみる。
ディテールをそぐことで見えるものがあり、
きっと自分が心地よい、格好良い、美しいと思う定型の法則が見えてくるはずです。

あとは愚直にその法則をなぞるだけです。

ebbetsfieldflannels / エベッツフィールドフランネルズ 日本からのベースボールシャツオーダー方法

アメカジ関連の記事をサボっていたので、久々に書きたいと思います。

少し前になりますが、エベッツフィールドフランネルズのベースボールシャツを
日本版公式ページから連絡をとってオーダーしてみました。

f:id:M46:20151027113415j:plain

http://www.ebbetsfieldflannels.jp/
上記サイト自体から買える商品は少ないですが、本国サイトのURL
で指定をすれば、どのモデルもオーダー可能です。

ラフな対応をされるかと思ったのですが、非常に丁寧な担当の方について頂き
終始気持ちよく発注から納品まで行って頂きました。

自分のカスタムは既存のモデルを元に生地と背番号のみ変更をしたため、
カスタム代は無しで34,000円(税抜)になりました。
(ちなみに生地はホワイト、グレー、ホワイトストライプ、グレーストライプ、ネイビーストライプ)
刺繍をオリジナルにするなど細かいカスタムなども出来るそうですよ。

〇僕の発注~納品の手順はこんな感じです。
1.ベースモデルをURLで指定
http://www.ebbets.com/product/New-Orleans-Pelicans-1942-Home-Jersey/flannels-minor-leagues
2.生地と背番号(書体含む)を指定
3.見積り確認~入金
4.6/29に入金で8/31に発送

完成までは2ヶ月でした、告知納期は3ヶ月だったのでムラはあると思います、
冬のボーナスでオーダーすれば、4月の開幕には十分間に合うはずです。
金額的には張りますが、正直ベースボールシャツで真面なものを作っているのは
ここだけなので仕方がないかなと。
アロハのテーラー東洋と同じで資料数のストックも膨大でしょうし、
趣向的に大量生産できる代物でもありませんからね。

2015年~2016年秋冬のユニクロで3年は着まわせそうなメンズアイテム

僕自身は服に関しては、損をしてでも文化に貢献をしたいという気持ちで

お金を使っているので、お得すぎるユニクロは手を出さない事にしているのですが、
(みなさん色々な趣味をお持ちだと思います、損をしても良いと
思える文化に巡り合える事は幸せな事だと思いませんか?)
やはり普通に考えれば、衣食住足りての、「足りて」がゴールなら、
まあユニクロで十分だろうと、そんな私も思います。

というわけで、この2015年~2016年の秋冬でユニクロのこれを
買ったら3年はイケるんじゃない?というアイテムを僕なりに見繕ってみました。
選定基準は以下です
・モノトーンorアースカラー
・柄なしシンプルで合わせやすい
・多少の汚れはごまかせそう
という3点です。


■ニット編
個人的に小ロットで価格を抑えるのが一番難しいのはニット系の洋服だと思います。
特に男性の服でニットになると更にロットが少なくなるので、割高にせざる負えません。
なので、ニットこそユニクロのような大量生産ブランドを使う方が無難です。

〇メンズ
割安+万人に対応をする必要があるので、やはり形は冴えないものが多いです。
(腕まくりをしてアームのシルエットをごまかしている写真が多いですね)
なので、ニットのような起毛素材で明るめの色を選ぶと、更に膨張をして
もっさりする恐れがあります。ダークトーンを選んだ方がすっきり見えるはず。

www.uniqlo.com

 

www.uniqlo.com

 

www.uniqlo.com

〇縦への編みこみがあるものなら明るめもすっきり見えるはず
以下のように縦への編みこみがあるものなら、
白や明るめのグレーでも縦のシルエットが強調されてスッキリ見えるはずです。

www.uniqlo.com


 

www.uniqlo.com


〇レディース
明るめの色味を選ぶ場合はシルエットを考えると
むしろレディースの大きいサイズが狙い目かもしれません。
ネットで買うのだったら抵抗は少ないですし。

www.uniqlo.com

 

www.uniqlo.com


 

www.uniqlo.com



--------------------------------------------

■パーカー・トレーナー編
パーカーは持っている方は多いと思いますが、
トレーナーは意外に買わないアイテムです、
ブルゾンに合わせるのに一枚持っておくと便利です。

www.uniqlo.com

 

www.uniqlo.com

 

--------------------------------------------
■シャツ編
基本的にニットとあわせて使いやすそうなものを選びました。
ネルシャツだったら古着でよいと思います。

www.uniqlo.com

 

www.uniqlo.com

 

www.uniqlo.com

 

www.uniqlo.com

 

www.uniqlo.com

 

www.uniqlo.com

 

www.uniqlo.com

 

www.uniqlo.com

--------------------------------------------
■ジャケット
やっぱりユニクロでのジャケット選びは難しいですね、
もう少し積めば古着なんかでいいものが買える可能性もあるので。
セールで半額程度になるのであればチェスターコートはおすすめです。
〇セールになったらオススメ

www.uniqlo.com

 

www.uniqlo.com

 

www.uniqlo.com

--------------------------------------------
■ボトムス
一番オススメ出来ないのがボトムスですね、
ユニクロで選ぶのは相当難しい。無印の方がよさそうです。
来年グランジのブームでダメージ加工デニムがまた流行そうなのと
先にオススメしたキャメルカラーのチェスターに合わせるのには
こいつは一本持っておくのもいいかも。

www.uniqlo.com

www.uniqlo.com

 

www.uniqlo.com


--------------------------------------------
■秋冬は正直不要ですがTシャツ編
ピーナッツの2枚は色味が少なく、普遍的なキャラTで
色々なブランドもやっているので普通に買いですね。

www.uniqlo.com

 

www.uniqlo.com

ステンベルグ兄弟のTシャツも良い意味で発色が抑え目で
使いやすと思います(個人的にこの作家のテイストが
好きで作品集も持っています)

www.uniqlo.com

 

www.uniqlo.com

 

www.uniqlo.com

----------------------------------------------------------

以上こんな感じです。
機会があれば着あわせ編もやりたいなと思っています。