ブタイノシシのファッション奇稿-跡地

移転をいたしました→ www.maeshiro-takashi.com

ファッション苦手な男が長く着られる服を選ぶ方法

私の人生に自慢できることなど何一つないのですが、
「35歳まで所帯を持たずに服に無駄遣いをしてきた」事にだけには大きな自負があります。
ネット界隈では、脱オタクファッションとかモテ服とか色々な手引きがありますが、
服に無駄使いをしてきた私からみても、小奇麗にする事をゴールにするなら、
無印やユニクロで十分であると思います。
ただ、ちょっと垢抜けたいけど悪目立ちしたくない、
無印やユニクロだけだと地味すぎるのでは、という不安を和らげるためには
少しばかり投資をするほうがむしろ近道だと思います。

私自身は、悪目立ち、職務質問大いに結構なタイプなのですが、
かくいう私も学生時代は服にまったく気を使わず、ダサダサの豚でした。
そこから間違った方向にスキルをガン振りしてきてブタイノシシに至るわけですが、
オッサンになってようやく、シンプルな服が長く使えてやっぱいいわという
結論に達しました。奇抜な服も着ますが。買い足しは一見地味なアイテムが多いです。

というわけで、前置きが長くなりましたが、そういう蛇行を続けてきた
私が、異性受けやこじゃれ感だけを意識するならこれを着るんじゃないかという
アイテムやベーシックアイテムの選び方を取り上げたいと思います。

■最初のアイテム選びの基本
・チャックやポケットの少ないものを選ぼう
・柄やプリントのないものを選ぼう
・迷彩はしばらく諦めよう
・なんだかんだで着るのは黒・白・グレー・ベージュ・ネイビー
ちょっとフンパツして服を買う場合は、簡単に言うと
デザインの少ないものから買った方が良いです。
特長のあるものに惹かれる気持ちはわかりますが、
合せられるものが少なくなります。

■新品で買うのをお勧めするアイテム
・グレーのスリムパンツ(杢入りがオススメ)
・カーキのカーゴパンツ(細身の方がおすすめ)
両方とも上着の種類や色も選ばない便利なズボンなので
1本づつもっておくのをお勧めします。
カーキや杢入りのグレーは汚れが目立ちにくいのも助かります。
新品をお勧めするのは、便利ゆえにこの種類のアイテムで
ユーズドが出回っているものは、デザインが強すぎたり、
サイズが奇抜だったり、状態が悪かったりと、
訳あり品が多いためです。
●おすすめの色味とサイズ感

f:id:M46:20151020191555j:plain

f:id:M46:20151020191609j:plain




■古着(ブランドユーズド)でも問題が無いアイテム
・Gジャン(デニムジャケット)
・ジーンズ(デニムパンツ)
・ドリズラー、スィングトップ
・カーディガン(単色で編みこみがあるものがおすすめ)
流行り廃りが少なく、ここ10年前後で大きく形の変わって
いないこれらのアイテムはデザインの少ないものを選べば
古着でも問題がないと思います。

●一般的なブランド古着ショップ
http://www.ragtag.jp/
http://www.rakuten.ne.jp/gold/gsc-rinkan/



■テーラードタイプのジャケットを買うときに気を付けたい事
・襟のサイズは標準的なものを選ぼう
・肩パッドは無い方が無難
・ボタン数は2-3ボタン
・生地は光沢のあるものより、艶のないものが便利
テーラードタイプのジャケットはパッと見では年次での
流行が少ないアイテムに見えますが、エリ、着丈、肩パットなど
意外にディティールが変わっていたりします。
良い生地の黒いジャケットで長年着られそうだと思ったものでも、
数年たってみると、着丈が短すぎたり、エリが細すぎたりと、
流行り廃りを感じる事が多いアイテムです。

●おすすめのディテール感

f:id:M46:20151020191703j:plain

http://zozo.jp/shop/katharinehamnett/goods/7914368/?did=21153847
個人的にはこのあたりのサイズ感が長年着られると思います。
3ボタンだとブランドの流行に対するスタンスが出やすくなるので、
2ボタンの方が無難です。

■Tシャツを買うときに気を使いたい事
・なるべく無地単色でプリントは1~2色
・ラグランやトリムは最初は避けた方が良い
上記は完全に着合わせだけを考えています、夏はこの限りではありません。
一枚で着た時には多色刷りや、デザインのされたTシャツは
夏は映えますが、春・秋・冬を着合わせを考えた時には
起用が難しいアイテムになります。

●オススメTシャツショップ
http://www.uesdenim.com/shopbrand/t-shurt_pring/



■革ジャンには手を出すな
・単純に金がかかる
・女性受けは基本悪い
私自身革ジャン大好きで、そのために働いているようなものですが、
実際マトモな革ジャンを買おうと思うと10万円以上かかります、
それ以下の価格帯は強めのデザインで革質をごまかしていたり、
汗で染がシャツに移ったりなど、あとあと損をする事が多いです。
5万円の革ジャンと5万円のテーラードジャケットどちらが
あとあとまで使えるかを考えると、後者であったりします。
そして大前提、女性受けは基本悪いです。似合えば似合うほど。